鉄鋼最大手アルセロールの2004年通期:過去最高益-鉄鋼価格上昇で

鉄鋼世界最大手、ルクセンブルクのアル セロールが17日発表した2004年通期決算は、製品価格の引き上げや中国か らの需要拡大を背景に、純利益が23億ユーロ(約3160億円)と過去最高を 記録した。

同社が電子メールで送付した発表文によると、2004年の純利益は前年の 2億5700万ユーロからほぼ9倍に増加。アナリストを対象にしたブルームバ ーグ・ニュース調査では、22億ユーロの純利益が見込まれていた。同社は1株 当たり0.65ユーロの配当を提案する見通し。

同社はほかの欧州鉄鋼メーカーと足並みをそろえ、今年1月に5四半期連 続で製品価格を引き上げた。ギイ・ドール最高経営責任者(CEO)は、生産 コストの削減や一層の増益を狙って、2010年までにブラジルで30億ドル(約 3160億円)規模の事業拡大を計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE