米M&Aが活況-顧問業務でゴールドマン首位、メリル、UBS続く

米国でのM&A(企業の合併・買収)が今年 に入り2000年以来の活況をみせている。これを背景に、米証券メリルリンチ、 スイスの銀行UBSがM&A顧問業務でトップの米ゴールドマン・サックス・グ ループに続き、3位以内のランキング入りを果たした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。