コンテンツにスキップする

中国建設銀行:今年の不良資産処分は400億元に-IPOに向け準備

中国3位の商業銀行、中国建設銀行は2日、 新規株式公開(IPO)に向けた業務再編の一環として、今年400億元(約 5015億円)の不良資産を処分する計画を明らかにした。

建設銀がファクスで配布した資料によれば、昨年の不良資産処分額は647 億元となり、418億元の資金を回収した。同行は先月、今年中のIPOを目指 す意向を表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE