コンテンツにスキップする

日電産が高い、通期純利益1.9倍に-成長性評価で投資判断も引上げ

日本電産の株価が高い。1日発表した 2004年第3四半期(10-12月)の連結決算は、主力のハードディスク駆動装 置(HDD)用モーターの好調で、純利益は前年同期比2.7倍。通期も前期比

1.9倍の300億円で据え置いた。高い成長性と収益力があらためて評価され、 証券会社の投資判断引き上げが相次いでいることも好材料のようだ。

この日は買い気配で始まり、前日比350円(3%)高の1万2180円で寄 り付いた。午前9時22分現在は、同310円(2.6%)高の1万2140円で取引 が進んでいる。米ADR(預託証券)市場での同社株の終値は同73セント (2.6%)高の29ドルだった。

主力のHDD用モーター事業は、アップルコンピューターの「iPod」 など、携帯音楽プレーヤーに搭載される1.8インチ以下の超小型サイズ向けを 中心に、第3四半期で前年同期比18%の増収、販売数量ベースで同24%余り増 加した。平均単価は円ベースで5%、ドルベースで2-3%の下落にとどまった。

好調なHDD事業を背景に、クレディ・スイス・ファースト・ボストン (CSFB)証券は1日付のリポートで、同社株の投資判断を「中立」から「買 い」に引き上げ、目標株価を1万1900円から1万3300円に増額修正。UFJ つばさ証券も2日、投資判断を5段階評価で3番目の「B」から2番目の「A」 (今後半年から1年間の株価パフォーマンスがTOPIXを5-20%上回る) に引き上げた。

永守重信社長は同日夕の電話会議で「2004年のHDD世界シェアは70% に達した。金額ベースでは73%程度のシェアになる」と説明。原価低減による 営業利益拡大戦略の下で、「営業利益率は第1四半期9.8%、第2四半期

10.5%、第3四半期11.3%と着実に改善している。2008年度には15%の営 業利益率を達成できる」と自信を示した。

ただ、「iPod」向けなどで期待の集まっていた超小型HDD用モータ ーの第4四半期出荷計画は下方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE