1月新車販売台数は4.1%減と3カ月ぶり減少-三菱自が増加

日本自動車販売協会連合会(自販連)が 1日発表した1月の新車(軽自動車を除く)販売台数は、前年同月比4.1% 減の26万966台となった。3カ月ぶりの減少。リコール(無償回収・修理) 問題で販売の低迷が続いている三菱自動車は昨年秋に発売した小型車「コル トプラス」が好調で14カ月ぶりに前年水準を上回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。