コンテンツにスキップする

2005年のM&A市場は活況の見通し、P&Gとジレットを皮切りに

米日用品最大手のプロクター・アンド・ギ ャンブル(P&G)によるかみそりメーカー最大手、米ジレットの570億ドル (約5兆9000億円)規模の買収により、2004年11月から現在までに発表され た世界のM&A(企業の合併・買収)総額は8500億ドルを超えた(ブルームバ ーグ・データ)。

1月の総額はさらに増える可能性がある。事情に詳しい関係者によると、 米地域通信2位のSBCコミュニケーションズは米長距離電話最大手AT&T を160億ドルで買収する方向で交渉している。

M&Aの活発化はウォール街の投資銀行各社に朗報だ。P&Gのアドバイ ザーは証券最大手の米メリルリンチが務めている。同3位の米ゴールドマン・ サックス・グループと資産規模で欧州銀行最大手スイスのUBSがジレットの アドバイザーを務める。

クレディ・スイス・グループ傘下クレディ・スイス・ファースト・ボスト ン(CSFB)のアジア太平洋部門責任者ポール・カレロ氏は「2005年は世界 のM&A(企業の合併・買収)にとってよい年となりそうだ」と話している。

ブルームバーグ・ニュースが昨年発表された同等規模の案件から概算した ところでは、メリルとゴールドマン、UBSはP&Gとジレットの案件で7500 万ドル超の手数料を分け合うとみられる。

ブルームバーグ・データによると、P&Gのジレット買収は、昨年4月の フランス製薬大手サノフィ・サンテラボによる同業のアベンティス買収以来で 最大の買収案件だった。

--共同取材: Douglas Wong , Bill Austin

Julia Werdigier 、 Christine Harper Editor:Schatzker, Quinson, Schatzker.

--* 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita (81)(3) 3201-8394

akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Brett Cole (1) (212) 893-3058 coleb@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Erik Schatzker (1) (212) 893-3849 eschatzker@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE