コンテンツにスキップする

ドコモ:10-12月営業益19%減、割引拡大や販売費で-通期予想は維持

携帯電話最大手NTTドコモの第3四半期 (10-12月)の連結営業利益は、前年同期比で19%減となった。割引料金の拡大 で売上高が落ち込み、端末のインセンティブ(販売奨励金)が膨らんで利益を圧迫 した。

第3四半期の営業利益は2060億円(前年同期は2529億円)に減った。

ドコモ株の終値は、前日比4000円(2.3%)高の18万1000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE