コンテンツにスキップする

KDDI:10-12月期純利益2倍、「au」好調-通期予想は1930億円

携帯電話国内2位のKDDIが27日発表した 第3四半期(10-12月期)の連結純利益は、前年同期の2倍に拡大した。主力携 帯電話「au」が好調に伸び、収益拡大をけん引した。

第3四半期の純利益は763億円と前年同期の375億円から増加した。「au」 の収益が膨らんでいることが主な要因。契約者の純増数で業界首位になり、顧客数 を順調に伸ばしている。かぎを握る「1加入者当たりの平均月間収入」(ARP U)も7190円と前年同期の7490円から小幅な低下にとどまった。

売上高は前年同期比0.7%増加の7230億円になった。

2005年3月期通期の純利益予想は1930億円と従来予想の1980億円から下方 修正した。

27日のKDDIの株価終値は前日比1万1000円(2%)安の54万3000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE