コンテンツにスキップする

米デュポンの10-12月期:純利益2.78億ドル、値上げが奏功(2)

米化学2位のデュポンが25日発表した 第4四半期(2004年10-12月)決算は、純利益が2億7800万ドル(1株 当たり28セント)に達した。エネルギーや原料価格の上昇を上回るペースで、 値上げを実施したことが奏功した。前年同期の純利益は、1株当たり34セン トの税効果があったことから、6億3600万ドル(1株当たり63セント)。

昨年第4四半期の売上高は、昨年4月の合成繊維部門インビスタ売却に 伴い、前年同期比7.4%減の60億ドルにとどまった。

デュポンは、約4%の値上げ実施により1株利益が19セントほど増加し た。ウィルミントン・トラストで投資に携わるジーン・ピサセール氏は、「国 際的な値上がりを非常に快く思っている。2-3%を上回る水準の値上げは、 過去の傾向に比べて良好だ」との見方を示した。

デュポン株価はニューヨーク時間午前10時29分現在、前日比1.08ド ル(2.4%)高の47.09ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE