コンテンツにスキップする

米ヤフーの10-12月期:純利益5倍、広告収入増で-株価上昇(3)

ポータル(玄関)サイト大手の米ヤフーが 18日発表した第4四半期(10-12月)決算は、広告収入増と投資資産の売却 益で、純利益が前年同期に比べ約5倍となった。

純利益は3億7250万ドル(1株当たり25セント)と、前年同期の7500 万ドル(株式分割調整済みで同5セント)から増えた。売上高は前年同期比 62%増の10億8000万ドル。

ヤフーと検索サイト運営の米グーグルは、企業がウェブ広告支出を増やすな かで機能拡大を急いでいる。テリー・セメル最高経営責任者(CEO)はまた、 欧州や日本でのオンライン広告普及を受けて、海外事業の拡大にも力を入れてい る。

パイパー・ジャフレーのアナリスト、サファ・ラシュチー氏は「非常に力強 い業績だ。予想以上だ」と述べた。

純利益には、投資資産売却益1億8500万ドル(1株当たり13セント)が 含まれる。これを除いたベースの利益は1億8700万ドル(同13セント)と、 前年同期に比べ2倍強に増えた。調査会社トムソン・ファイナンシャルがアナリ スト27人を対象にまとめた予想平均では、1株利益11セントが見込まれてい た。

広告を掲載するサイトに支払うコスト(トラフィック・アクイジション・コ スト)を差し引いた売上高は前年同期比54%増の7億8500万ドルとなり、 2004 年10月時点の同社見通し(7億1000万-7億6000万ドル)や、トム ソンによるアナリスト22 人の予想平均(7億5610万ドル)を上回った。

同社は、2005年第1四半期(1-3月)のトラフィック・アクイジショ ン・コストを除いた売上高は7億6500万-8億500万ドル、減価償却前の営 業利益は2億9000万-3億1000万ドルとの見通しを示した。

決算は通常取引終了後に発表された。株価は時間外取引で、ニューヨーク 時間午後5時1分(日本時間19日午前7時1分)現在、42セント高の37.60 ドル。通常取引終値は前日比48 セント(1.3%)高の37.18ドルだった。

第4四半期の海外での売上高は3億270万ドルと、前年同期の1億1840 万ドルから2倍強に増えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE