コンテンツにスキップする

ヤフー:「落札者の入金で商品調達する出品」禁止へ-トラブル増加で

インターネットのポータル(玄関)サイト国内最大 手のヤフーは18日、「落札者が入金した資金を商品調達に使う出品」を禁止すると発表 した。入金したが商品が届かないといった落札者のトラブルが増加しており、より健全 なサイト運営のためにこうした出品形態を取りやめる。

ヤフーは2月1日からこの方式の出品を禁止する。落札者からの資金で商品を購入 することを前提にした出品はサイトから削除される。また「入金後に発注する」「在庫 がない場合は時間がかかる」といった記載があるものについても、これに該当する出品 としてサイトから削除される可能性がある。

入金したが商品が届かないといったトラブルは「昨年夏から目立ってきた」(祝前 伸光・マーケティング部報道担当)としている。特にデジタルカメラやカーナビゲーシ ョンといった高額な電子機器に多い。こうした取引をしているのは一部の出品者で、大 半は正常な取引をしているという。

17日の朝日新聞朝刊(39面)は、ヤフーのオークション(競売)で昨年末から「デ ジカメの購入代金を振り込んだのに品物が届かない」という被害が相次いでいると報じ た。被害は全国で約300人、2000万円を超えるとみられ、全国各地の利用者が「被害者 の会」を結成、被害届を受理した愛知県警などが詐欺容疑で捜査を始めたという。

ヤフーの株価終値は、前日比3000円(0.6%)安の50万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE