コンテンツにスキップする

米ヤフー10-12月期:利益倍増か、国外の広告事業好調で―18日発表

インターネット検索エンジン2位の米ヤフ ーが18日発表する2004年第4四半期(10-12月)決算は、アジアや欧州での 広告売り上げの伸びを追い風に、利益は2倍強に増加したもようだ。

調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト27人の予想平 均によると、利益は1億5890万ドル(1株当たり11セント)となる見込み。 売上高は、ヤフーが他のサイトに掲載している広告を除いたベースで、前年同 期比48%増の7億5610万ドルとなる見通し。

テリー・セメル最高経営責任者(CEO)は同業のグーグルを追撃するた め、フランスと中国で買収を実施し、海外での売り上げを2倍に拡大した。パ イパー・ジャフレーのアナリスト、サファ・ラシュチー氏は、米国外売上高が 3億100万ドルに増加するだろうとみる。

2003年第3四半期時点では、ヤフーの海外売上高はグーグルの約半分程度 だったが、04年第3四半期までにはその差は縮小。グーグルの売上高が2億 8140万ドルに対し、ヤフーの売上高は2億5170万ドルに達した。

ヤフーの売上高と利益の拡大期待を背景に、同社株は昨年、67%上昇し、 S&P500種株価指数(9%高)を上回る好調となった。グーグルの株価は昨 年8月の新規株式公開(IPO)以来、2倍強に値上がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE