コンテンツにスキップする

KDDI:「ツーカー売却」可能性低い、2000億円安い-CSFB早川氏ら

ソフトバンクがKDDI子会社「ツーカー」の 買収に名乗りを上げ、2000億円の買収額を提示したもようとの一部報道を受けて、 クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券の早川仁アナリストは17日、「KD DIがツーカーを売却する可能性は低い」とするリポートをまとめた。

ツーカーは機能を通話に絞り込んだ新型端末「ツーカーS」が好調で業績が上 向き、KDDIが売り急ぐ必要はない、としている。さらに2000億円という額が 「ツーカーの有利子負債と同額で事業に対する査定はゼロとなり、低すぎる」とリ ポートは指摘している。また早川氏は、携帯電話事業への参入を希望するソフトバ ンクにツーカーを売却することは「参入のきっかけになり、敵に塩を送りかねない 経営判断」とも記している。

UFJつばさ証券の佐分博信アナリストも「KDDIはツーカーを売却しない ほうが良い」とのリポートを17日付でまとめた。報道されているソフトバンクの買 収提示額2000億円は、ツーカーの有利子負債相当分で「EV/EBITDA倍率や 累積損失を加味してもやや安い価格という印象がある」としている。

同時に佐分氏は、KDDIが最も懸念しなければならない点として「ソフトバ ンクがツーカーを買収した後にボーダフォンの日本事業を買収するケース」と予想 した。ボーダフォン(時価総額1兆5000億円程度)を買収するほどの資金を調達で きるかという問題はあるが、KDDIはそうしたケースも想定する必要がある、と 強調している。

メリルリンチ日本証券の合田泰政アナリストもこの日、「KDDIのツーカー 売却が成立する可能性は高くない」というリポートをまとめた。2000億円で売却で きればKDDIにとってはプラスとしながら、ツーカーの業績が好調なうえKDD Iとソフトバンクの確執を考慮した、としている。

合田氏はむしろ、ソフトバンクの通信事業が迷走の度合いを増している点を懸 念していると指摘した。ツーカーの顧客は中高年ユーザーであり、「ソフトバンク の求めるユビキタスサービスを求める顧客とは大きな隔たりがあると判断される」 と記した。

15日付の日本経済新聞(1面)は、ソフトバンクがKDDI子会社で携帯電話 のツーカー3社の買収に名乗りをあげた、と報じた。KDDIに2000億円強の買収 金額を提示したという。

この報道に対し、ソフトバンクは「そのような事実は無い」(広報室の抜井武 暁アソシエイト)とコメントした。また、KDDIは「ノーコメント」(広報部の 前出治彦課長)としている。

KDDIの株価は前日比4000円(0.7%)高の56万9000円、ソフトバンクは 同180円(3.7%)高の5100円(午前10時53分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE