コンテンツにスキップする

日亜化学:中村氏と和解、数億円支払いへ-青色LED訴訟で東京高裁

青色発光ダイオード(LED)の開発対価をめ ぐる、日亜化学工業と同社元社員で開発者の中村修二・米カリフォルニア大学サン タバーバラ教授との東京高等裁判所での和解協議が11日、決着した。日亜化学が数 億円を中村氏に支払う。近藤瑠実・日亜化学事業企画部担当者が語った。

この和解については11日付の共同通信や朝日新聞(電子版)が先に報じており、 日亜化学の支払額については共同通信が約6億円、朝日新聞が8億4000万円などと 報じている。日亜化学は午前11時15分から都内の司法記者クラブで記者会見をす る予定で、この場で金額が明らかになる可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE