コンテンツにスキップする

12月新車販売台数は2.6%増-04年2年ぶり減の400万台割れ(3)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が5 日発表した12月の登録車(軽自動車を除く)の新車販売台数は、前年同月比

2.6%増の30万3124台で、2カ月連続の増加となった。2004年1月-12月 までの年間では、前年比1.6%減の396万2232台と400万台割れとなり、2 年ぶりの減少。

12月の新車販売台数のうち、乗用車は5%増の26万2775台。このうち、 普通乗用車は1.1%減の10万8443台、小型乗用車は9.8%増の15万4332 台。また、トラックは11%減の3万9318台で、このうち、普通トラックは 25%減の1万2805台、小型トラックは1.3%減の2万6513台。また、バス は12%減の1031台だった。

リコール(無償回収・修理)問題で揺れる三菱自動車工業は41%減の6427 台で、通年では前年比41%減の13万9026台と、ともに大幅に落ち込んだ。

一方、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した12月の軽自動車 (排気量660cc以下)の新車販売台数は、同4.3%増の14万6423台と2カ 月連続でプラスとなった。04年の年間実績は前年比4.8%増の189万1147台 となった。

クレディスイスファーストボストン証券の遠藤功治アナリストは昨年の国内 市場について、「セダンやコンパクト中心に需要が伸びた年で、トヨタのマーク X、ホンダのレジェンド、日産のフーガなどが牽引した。またコンパクトカーは トヨタのパッソなどが大きく貢献した」と述べ、「日本の大手3社のトヨタ、日 産、ホンダは米国でも、国内という大切な市場においても、販台数、シェアを伸 ばしてきているが、今年もこの傾向は続きそうだ」と指摘する。

--共同取材:井上加恵、Editors: Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE