コンテンツにスキップする

12月新車販売台数は2.6%増-04年2年ぶり減の400万台割れ

日本自動車販売協会連合会(自販連)が5 日発表した12月の登録車(軽自動車を除く)の新車販売台数は、前年同月比

2.6%増の30万3124台で、2カ月連続の増加となった。2004年1月-12月 までの年間では、前年比1.6%減の396万2232台と400万台割れとなり、2 年ぶりの減少。

12月の登録車の新車販売台数のうち、乗用車は5%増の26万2775台。こ のうち、普通乗用車は1.1%減の10万8443台、小型乗用車は9.8%増の15 万4332台。また、トラックは11%減の3万9318台で、このうち、普通トラ ックは25%減の1万2805台、小型トラックは1.3%減の2万6513台。また、 バスは12%減の1031台だった。

一方、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した12月の軽自動車 (排気量660cc以下)の新車販売台数は、同4.3%増の14万6423台と2カ 月連続でプラスとなった。04年の年間実績は前年比4.8%増の189万1147台 となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE