コンテンツにスキップする

三菱自動車、北米部門トップにギリガン氏が昇進-オニール氏退任で

三菱自動車工業は4日、米製造販売子会社 ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA、米カリフォルニア州) の最高経営責任者(CEO)にリッチ・ギリガン氏を指名したと発表した。フ ィンバー・オニール氏(52)の退社に伴う人事。

ギリガン氏は、MMNAの製造部門社長兼最高業務責任者(COO)から CEOに昇格する。2003年9月からCEOを務めていたオニール氏は、自動 車ディーラー向けソフトウエアを手掛ける米レイノルズ・アンド・レイノルズ のCEOに就任する。

三菱自は2002年以来の販売減に歯止めを掛けるため、韓国のヒュンダイ モーターカンパニー(現代自動車)の米国部門からオニール氏を招へいした。 三菱自の2004年の販売台数は前年比37%減の16万1609台と低迷した。

三菱自は発表資料で、オニール氏は「北米での業績転換に向けた土台を築 いてくれた」とした上で、「この転換をさらに推し進めるギリガン氏の手腕を 信頼している」と述べた。

オニール氏はインタビューで、退社は「個人として成長する機会をつかむ ためだ。退社する計画はなかった。三菱自の業績転換が軌道に乗ると信じてい る」と述べた。

--共同取材 Aimee Sullivan Editor: Lear

akinoshita2@bloomberg.net    Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ロサンゼルス  Alan Ohnsman (1) 323-782- 4236 aohnsman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steve Geimann (1)(202)624-1960 sgeimann@Bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE