コンテンツにスキップする

紀宮さまと黒田慶樹さん:ご婚約が内定、挙式は来夏以降-宮内庁(2)

宮内庁の湯浅利夫長官は30日午前、天皇家の長女、 紀宮さま(35)と東京都職員の黒田慶樹さん(39)の婚約が内定したと発表した。年少 のころから知り合いだった2人は、秋篠宮さまの紹介を機に交際を深め、結婚すること になった。紀宮さまは結婚後、皇室典範の規定により皇族の身分を離れる。

天皇、皇后両陛下は、紀宮さまの婚約内定に際して「清子内親王(紀宮さま)と黒 田さんの婚約が内定、発表することになった。心強く思う」といった趣旨の発言を寄せ られたという。記者会見した湯浅長官は、「両陛下や紀宮さまのお喜びはいかばかりか と、ご拝察申し上げる」と述べた。

今後は一般の結納に当たる「納采の儀」を経て婚約が正式に成立する。続いて結婚 の期日を告げる「告期の儀」、そして「結婚の儀」が行われる。湯浅長官は結婚の儀の 日程について「来年前半にはすでに公務が入り両陛下の外遊もあることから、夏以降に なる」と語った。

婚約が内定した紀宮さまと黒田さんは午後3時から宮内庁でそろって記者会見の予 定。天皇家の女性皇族の結婚は、昭和天皇の5女、島津貴子さんの1960年以来。

宮内庁は当初、紀宮さまと黒田さんの婚約内定を11月上旬に発表する予定だったが、 10月下旬に新潟県中越地震が発生し、お2人の希望を踏まえて発表を12月18日にいっ たん延期した。その当日には高松宮妃喜久子さまが亡くなったため、再び発表を延期し ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE