コンテンツにスキップする

ダイハツ:インドで小型車生産、07年に年最大10万台-朝日(2)

30日付の朝日新聞朝刊がトヨタ自動車の 子会社、ダイハツ工業がインドで大規模な生産販売の強化に乗り出すと報じた。 排気量1リットルクラスの小型車を2007年にも年最大10万台規模で現地生産 する方向で調整しているという。

同報道について、ダイハツ広報部の清水正造氏は「かねてから2008年以降 にはインドに進出したいとの意向を表明しているが、詳細はまだ決まっていな い」と述べた。

同紙によると、小型車の生産台数についてはシェアの急増を狙い大衆車とし て10万台規模とするか、高級イメージを演出して3万、5万台規模にとどめる かなどの案があり、来年春をめどに詳細を決めるという。

同時に、トヨタも05年に現地工場の生産能力を現在の年4万5000台から 6万台に引き上げ、販売店も約40店から1.5倍の60店に増やすとしている。 トヨタは現地で「カローラ」など2車種を生産している。

ダイハツの株価は前日比3円(0.4%)高の820円、トヨタは同30円 (0.7%)高の4160円。(午前10時46分現在)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE