コンテンツにスキップする

米タイム・ワーナー・ケーブルが携帯電話参入か、スプリントと交渉

米メディア大手タイム・ワーナーのケー ブルテレビ(CATV)子会社、タイム・ワーナー・ケーブルは29日、米携帯 電話サービス3位のスプリントと共同で携帯電話サービス事業に参入する方向 で交渉していることを明らかにした。

タイム・ワーナー・ケーブルの広報担当者、キース・ココッツァ氏はイン タビューで、「スプリントと共同で携帯電話の試験サービスを実施する計画を 詰めている段階だ」と述べた。スプリントの広報担当者、ジェフ・シェーファ ー氏は両社が協議していることを確認した。両氏ともこれ以上の詳細は避けた。

合意が成立すればタイム・ワーナーは、CATVとインターネット接続、 固定回線通話、携帯電話の4種のサービスを単一パッケージとして提供できる ようになる。米CATV市場で2位に付けているタイム・ワーナーは、衛星放 送大手のディレクTVにケーブル部門の顧客を奪われつつある。ディレクTV は通信大手ベライゾン・コミュニケーションズとの提携で、電話とインターネ ット接続、テレビ放送を提供している。

29日のニューヨーク株式市場で、スプリントの株価は上昇。現地時間午前 11時54分現在、前日比3セント(0.1%)高の24.86ドルで推移している。一 方、タイム・ワーナーの株価は下落。同8セント(0.4%)安の19.47ドルで取 引されている。

--共同取材 ニューヨーク Cecile Daurat Editor: Mirabella.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE