コンテンツにスキップする

携帯契約:KDDI初の年間首位へ、端末サービスで-ドコモ苦戦(2)

携帯電話の年間(1-12月)契約台数で、業 界2位のKDDI(子会社ツーカー含む)が2004年に初めて首位になる公算が大き くなってきた。「着うた」などの新サービスや端末が顧客をつかみ、11月までの累 計で2位のNTTドコモを大きく引き離した。歳末商戦も明確な優劣がつかなかっ たもよう。今年の業界は、KDDIの独り勝ちが続いたが、2005年はドコモとボー ダフォンが巻き返しを狙う。

1月-11月の累計契約は首位KDDIと2位ドコモの間に50万台以上も差が 開いている。12月は比較的販売が伸びるが昨年実績でも全体で50万台強で、この 1カ月間でドコモが逆転するのは事実上不可能。ボーダフォンは販売が急落して大 きく水をあけられている。KDDIは2003年度に初めて年度で契約純増が首位にな り、2004年に年間トップに立つ。

KDDIは子会社ツーカーの株式を買い増し、来年3月25日に株式交換で全額 出資子会社にする。契約が減っていたツーカーを含めない基準では、2003年に年間 首位になったが、2004年はツーカーを含めても他をしのぐ。2004年度でも連続で純 増首位になる可能性も高い。

主力ブランド「au」で業界初のデータ通信定額制を昨年11月末から開始した。 これが「着うた」の需要を後押し、「着うた」のダウンロードは7月に1億曲を突 破した。第3世代携帯電話(3G)「WIN(ウィン)」の新端末も人気を維持し ている。

これに対してドコモは、第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」の新型 「900i」シリーズを2月から順次発売、データ通信定額制も6月から導入した。 ただ、第2世代携帯電話からFOMAへの移行数は3月をピークに早くも伸び悩ん だ。またボーダフォンは第3世代携帯電話で出遅れたうえ、注力しているプリペイ ド(料金前払い式)携帯電話の販売が低迷。7月には契約者数が初めて減少するな ど不振が際立っている。

携帯電話の契約者数は全体で8500万人前後に達し、市場拡大余地は狭まってき ている。こうしたなかで各社が競争を繰り広げることで、端末や料金に工夫が凝ら されてサービスも進化、顧客の利便性は高まっている。

KDDI「着うたフル」、ドコモ「FOMA普及版」-2005年の戦い

2005年も契約者獲得をめぐる競争は続く。KDDIは楽曲をまるごと携帯電話 に取り込んで再生できる「着うたフル」のサービスを前面に押し出しWINの拡販 を狙う。11月19日サービス開始の「着うたフル」は、年内にダウンロード(取り 組み)回数が100万件を突破する勢いで拡大している。また、ソニーの非接触IC カード技術フェリカを搭載した携帯電話も秋に投入する。

一方のドコモはこの歳末商戦から投入する新型FOMA「901i」シリーズを 皮切りに、攻勢をかける意向。FOMAは機能を絞って価格をやや抑えた普及版 「700i」を2月初めにも投入する。FOMAの価格が高かったことが第2世代携 帯電話からの移行をとどまらせているとみて、やや安い「廉価版」投入により普及 に弾みをつけたい考えだ。

ボーダフォンは津田志郎・新社長の下で第3世代携帯電話に本腰を入れて復活 をかける。歳末商戦から投入し始めた新型携帯電話7機種で販売回復を狙う。この 7機種は低価格機種から高機能、高価格帯までそろっている。データ通信定額制に ついては11月から開始した。ただ、KDDIやドコモに比べて具体的な戦略がいま だに見えず、引き続き厳しい戦いを迫られそうだ。

クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券の早川仁アナリストは、2004年 は新機種効果やサービスなどでKDDIが優勢だったと評価した。そのうえで2005 年については「ドコモが901iから力を入れてくる。一方のKDDIは販売台数 よりも利益を重視する姿勢に転換する可能性があり、顧客獲得競争は激しさを増 す」と予想した。

携帯電話市場をめぐっては、ソフトバンクが2007年に参入する意思を表明して おり、顧客獲得をめぐる争いはとどまりそうにない。

                   【携帯事業3社の年間契約者の増加数】
(ドコモはカード型端末数を含め過去の数値を修正済、*が年間首位、見込み含む)

                         KDDI         ドコモ        ボーダフォン
2004年(11月まで)    *245万4200台      193万1900台      43万6100台
2003年                 233万0000台     *260万 700台     145万1200台
2002年                 146万8300台     *328万5300台     170万5700台
2001年                 152万8600台     *545万 500台     214万8900台

各社の株価は、KDDIが前日と同じ54万8000円、ドコモは同1000円 (0.5%)安の18万6000円、ボーダフォンは変わらずの28万8000円(午後1時 44分)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE