コンテンツにスキップする

Jエナジー:05年1-3月の原油処理計画1%減-暖冬で(2)

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエナジ ー(Jエナジー)はこのほど、2005年1月から3月までの原油処理計画を前年同期に 比べて1%減産することを決めた。総務・人事部の松井茂氏(広報担当)が24日、話 した。

松井氏によると、減産理由は暖冬により灯油需要が落ち込んだためとしている。同 社の1月から3月までの原油処理量は3カ月間で730万キロリットルになる見通し。

新日鉱ホールディングスの株価終値は前営業日比2円(0.4%)高の492円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE