コンテンツにスキップする

ソフトバンク:プロ野球参入決定、オーナー会議-「新規参入」1つ完了

プロ野球界の最高意思決定機関、プロ野球オ ーナ会議(議長:滝鼻卓雄・読売ジャイアンツオーナー)は24日、ソフトバンクの 来季からのプロ野球参入を承認した。財務体質や球団保有の姿勢について各オーナ ーから異論は出なかった。ダイエーホークスを買収するソフトバンクはパ・リーグ に参加、得意のIT(情報技術)を駆使して球界の改革に挑む。

オーナー会議終了後に滝鼻議長が記者会見をした。オーナー会議傘下のプロ野 球実行委員会は6日にソフトバンクの孫正義社長に事業参入についてヒアリング (聞き取り)を実施、20日の会合で参入を決定しており、これが正式に認められた ことになる。

ソフトバンクは先月末、ダイエーから「ダイエーホークス」球団の株式を50億 円で買い取り、チケット・グッズの販売権や放映権といった興行権を米投資会社コ ロニー・キャピタルから150億円で取得すると発表した。コロニーが持つ「福岡ド ーム球場」は、30年間の使用料として年間48億円を支払う。

経営再建を進めるダイエーが産業再生機構に支援要請を決めた直後の10月18 日、ソフトバンクの孫社長はホークス買収に名乗りを上げた。それからわずか2カ 月余りで来季の参入が決まった。事前に全11球団のオーナーを訪問して野球への思 いを語るなど孫社長の行動力もものを言い、球団の立ち上げから取り組んだ楽天よ りもスムーズな参入承認になった。

2つの新規参入

これで来季のパ・リーグは6球団中、ソフトバンクと楽天の2球団が新規参入 になる。楽天は50年ぶりの新球団設立による参入になる。ともにIT企業の代表格 でインターネットを通じたチケット販売の拡大といった取り組みで、旧態依然とし た球界に新しい風を吹かせることを目指す。

ソフトバンクはホークスの王貞治監督に全権を委任、王監督はゼネラル・マネ ジャー(GM)も兼務して新球団の編成にかかわることになる。ソフトバンクにと っては、現在取り組んでいる2つの新規参入(プロ野球と携帯電話事業)のうちプ ロ野球の方が実現したことになる。

プロ野球参入も直接的な狙いは、ブランド浸透とブロードバンド(高速大容量 通信)コンテンツ(情報の中味)の確保。宣伝・広告費の大幅な削減が可能になり、 通信事業の顧客をより効率的に獲得できることになる。すでに固定電話サービス 「おとくライン」のサービスを月初から開始しており、総合通信企業への体制を固 めつつある。

新規参入が決定したことで、ソフトバンクの孫社長は午後6時から福岡市内の ホテルで記者会見する。

今季のプロ野球界は「大阪近鉄バファローズ」と「オリックス・ブルーウェー ブ」の合併が6月に表面化、「もう1つの合併」や1リーグ10球団制、2リーグ 11球団制も取り沙汰された。球団合併や球団数をめぐり労働組合・日本プロ野球選 手会は史上初のストライキを実行した。さらに新人スカウトの金銭問題で巨人の渡 辺恒雄オーナー、横浜の砂原幸雄オーナーが辞任、西武の堤オーナーも保有するコ クドの西武鉄道への持ち株比率をめぐる問題で辞任した。

こうした激震が走ったなかで楽天に続きソフトバンクの新規参入も認められた ことで、球界はひとまず落ち着きを取り戻し、2005年の来季に向けて新たなスター トを切ることになる。

ソフトバンク株の終値は、前日比30円(0.6%)安の4880円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE