コンテンツにスキップする

米JPモルガン、来年の米株買いを推奨-金融株は日本以外は見送りを

米JPモルガン・チェースのストラテジス ト、アブヒジット・チャクラボルティ氏(ロンドン在勤)は来年の投資戦略を 示した12月のリポートで、2005年の米株買いを推奨するとともに、日本以外の 金融株は見送りとの見方を示した。

米国の設備投資が成長を支え、米タイコ・インターナショナルなどの製造 業各社の業績を押し上げると同氏はみている。

リポートでは、米国株への配分を株式投資全体の62%と、モルガン・スタ ンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の世界株価指数での構 成比よりも5.8ポイント高く推奨している。

チャクラボルティ氏は「米国は明らかに、世界の他地域に比べた成長力の 優位を再確立した。この状況は2005年末まで続くとみられる」と述べている。

一方、英ロイズTSBやフランスのクレディ・アグリコルなどの金融株は、 融資拡大のペースが鈍り業績が伸び悩むとの見通しから、見送ることを推奨し た。

ただ日本は例外だとして、日本の銀行株の買いを推奨。また日本株の推奨 組み入れ比率は14%と、MSCI指数よりも4.5ポイント高くしている。チャ クラボルティ氏は10月に、日本株市場は世界で最も魅力的との見方を示してい た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE