コンテンツにスキップする

英キングフィッシャーの8-10月:小売り事業の営業利益6.7%増

日曜大工用品小売りで世界3位の英キングフ ィッシャーが15日発表した第3四半期(8-10月)決算によると、小売り事業 の営業利益は前年同期比6.7%増にとどまった。ネット上で大工用品を販売する スクリューフィクス部門の不振などが響いた。

同社発表によると、小売り事業の営業利益は1億9000万ポンド(約385億 円)と、アナリストの予想中央値(1億9100万ポンド)を下回った。売上高は 前年同期比8.2%増の19億4000万ポンド。

同社によると、スクリューフィクス部門は110万ポンドの純損失を計上し、 前年同期の580万ポンドの純利益から赤字に転じた。英国配送センターの移動を 受けて、需要に対応できなかったことに加え、ロシアや韓国での店舗新設コスト がかさんだ。

同社のゲリー・マーフィー最高経営責任者(CEO)は発表文で、「キング フィッシャーは、個人消費の伸びが減速し、販売・価格競争が激化するなど厳し い四半期にあっても、英国とフランスで売上高と利益の拡大を達成した」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE