コンテンツにスキップする

米スプリントとネクステル:統合で設備コストなど30億ドル削減も

米長距離電話大手のスプリントと携帯電 話サービスのネクステル・コミュニケーションズは、携帯電話事業の統合によ り、ネットワーク関連コストを30億ドル(約3140億円)以上削減できる可能 性がある。

米バンク・オブ・アメリカ(BOA)証券のアナリスト、デービッド・バ ーデン氏など一部アナリストによると、統合により両社は、ネクステルのネッ トワークを高速インターネットなど第3世代(3G)サービスに対応可能にす る設備コストなど約20億ドルを削減できる可能性があるという。米シティグ ループのアナリスト、マイケル・ローリンズ氏は、そのほかにも両社は設備投 資で約10億ドルを削減できるとしている。

RBCキャピタル・マーケッツ(サンフランシスコ)のアナリスト、ジョ ナサン・アトキン氏は、「最も明らかに相乗効果が得られる部分は、ネットワ ークの構築が2つではなく1つで済むことになる3G分野だろう」と述べた。

事情に詳しい関係者によると、米携帯電話3位のスプリントと5位のネク ステルは、業界内での競争力向上に向け、経営統合の可能性をめぐり交渉中。

ローリンズ氏など一部アナリストは、ネクステルは依然3Gサービスに対 応可能な技術をテストしている段階で、合併が実現すれば、ネットワークを新 たに構築する代わりに、スプリントが既に構築中のネットワークを使用できる ことになると指摘した。

13日の米国市場でネクステルの株価は23セント高の29.99ドル。スプリ ントは30セント高の24.44ドル。

--共同取材:ワシントン Scott Lanman Editor: Moody, Giles.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE