コンテンツにスキップする

元CSFBのアジア太平洋部門会長、ヘッジファンドを設立

金融情報サイトのファイナンスアジアが10 日報じたところによると、クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSF B)の元アジア太平洋部門会長、スティーブン・ストーンフィールド氏はシン ガポールに拠点を置くヘッジファンドを設立した。同ファンドは当初、最大5 億ドル(約520億円)を集める計画という。

同サイトによると、ストーンフィールド氏はパートナーとともに、ヘッジ ファンドの「プリサイス・キャピタル」を設立した。設立者らは700万ドルの 自己資金を投資。また300万ドルをかけて、1日に1万株の銘柄を分析する投 資モデルを開発したという。

売買執行やレンディングなど証券業務を一手に引き受けるプライムブロー カレッジにはCSFBを採用した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE