コンテンツにスキップする

中国国際航空:IPO価格決定、総額は約1120億円-関係者(2)

国際線で中国最大の航空会社、中国国際航空 は9日、上場に伴う新規株式公開(IPO)での価格を決定した。IPOにか かわる銀行関係者が9日明らかにした。価格は仮条件レンジの上限近くで決ま り、IPOの総額は83億6000万香港ドル(約1120億円)となった。

関係者が匿名を条件に語ったところによると、28億500万株の公開価格は 1株当たり2.98香港ドルで決まった。仮条件は2.35-3.10香港ドルだった。 投資家からは、200億米ドル(約2兆840億円)相当の注文があったという。

中国国際航空はIPOで調達した資金を航空機購入や債務返済に充てる。 香港市場の指標であるハンセン指数は12月、2001年3月以来の高値をつけてお り、好環境での公開となった。

パシフィック・サン・インベストメント・マネジメントのアナリスト、ア ンドルー・チャン氏は「中国での競争や原油価格変動のリスクから見て、価格 は適正だ」とみている。「需要の強さは同社のファンダメンタルズ(基礎的諸条 件)というよりも、むしろ市場環境によるものだ」と同氏は述べた。

仮条件の水準は2005年予想利益の8.8-11倍の間だった。

IPOの幹事は中国国際金融(CICC)と米メリルリンチが務めている。 両社の広報担当者はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE