コンテンツにスキップする

ウォール街から消える名門の名前、ファースト・ボストンも仲間入りか

スイスのクレディ・スイス・グループは、証 券部門クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)を本体の銀行部 門に吸収・統合する計画を示した。これにより、また1つ名門証券会社の名前 がウォール街から消える可能性がある。

クレディ・スイスのオズワルド・グルーベル最高経営責任者(CEO)は、 米証券業界で72年の歴史を持つファースト・ボストンの名前を社名から外すこ とを検討していることを明らかにした。同CEOは7日、記者団との電話会議 で「1つの名前に統一するかもしれない」と語った。

ファースト・ボストンのほかにも、多くのブランド名がこれまでにウォー ル街から消えている。欧州最大の銀行UBSは2002年に、ペイン・ウェバーと ウォーバーグの名前を社名から除いた。金融サービス最大手の米シティグルー プは2003年4月に投資銀行部門の名前をシティグループに変更、90年の歴史を 持つ名門ソロモン・ブラザーズの名前が完全に消えた。過去10年の間にはほか に、ディロン・リード、ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットなど の名前が消えた。

ハーバード大学経営大学院のサミュエル・ヘイズ教授は「大規模なフルサ ービスの金融機関は、買収先のブランドを残さず自社の名前を使う傾向が高ま っている」と話している。

ファースト・ボストンは1932年に、ファースト・ナショナル・バンク・オ ブ・ボストンの証券部門として発足。銀行と証券の分離を定めたグラス・ステ ィーガル法の導入に伴うスピンオフ(分離・独立)後、1978年にクレディ・ス イスが出資。その12年後にジャンク債(高利回り・高リスク債)をめぐる損失 で危機に陥ったファースト・ボストンに3億ドルを注入し、クレディ・スイス が経営権を握った。

ファースト・ボストンは、モルガン・スタンレー、ディロン・リード、ク ーン・ローブとともに1960年代に米投資銀行業界をリードした4社の一角だっ た。そのうち、「クーン・ローブとディロン・リードは完全に消えてしまった。 ファースト・ボストンはクレディ・スイスに吸収される」とヘイズ教授は言う。

グルーベルCEOによると、社名についての最終的な決定はなされていな い。同CEOは、「クレディ・スイス・ファースト・ボストンの名前は、米国で のブランド価値が高いことは明らかだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE