コンテンツにスキップする

カローラがトップ、三菱自は8カ月ぶり30位内-11月新車販売(3)

日本自動車販売協会連合会が6日発表した 11月の国内新車販売ランキング(軽自動車を除く)によると、トヨタの「カロ ーラ」が前年同期比7.1%減の1万4701台ながら2カ月連続で首位を維持した。 三菱自動車は10月下旬に発売した新型車「コルトプラス」の上積みが奏功し 「コルト」全体で28位に入った。三菱自の車種が上位30位に入ったのは3月 以来8カ月ぶり。

2位はホンダの小型車「フィット」で同9.7%増の1万2195台。3位は日 産自動車が9月に投入した高級小型車「ティーダ」で1万947台。4位はトヨ タがダイハツと共同開発した小型車「パッソ」。日産は小型車「キューブ」が、 ミニバン「キューブ・キュービック」の発売から1年を経過したため前月同様 に奮わず28%減の7562台にとどまった。

トヨタがベストテンのうち7車種独占

トヨタは5位の高級セダン「クラウン」、6位のミニバン「ウイッシュ」、 7位の9月発売のミニバン「アイシス」、8位のミニバン「ノア」、9位の小 型車「ポルテ」と、ベストテンのうち7車種を占めた。トヨタ車が7車種ラン クインしたのは3カ月連続。日産は2車種、ホンダは1車種で、相変わらずト ヨタの“一人勝ち”の様相となった。

リコール(無償改修・修理)隠しが明らかになって以来、販売が低迷して いる三菱自は10月に貨物の積載量を拡大したコルトプラスを発売したことでコ ルト全体で2999台となり8カ月ぶりに30位以内に入った。

【11月の登録車販売台数】

今月 前月  車名 社名 台数 前年同月比(%)

1 1 カローラ   (トヨタ) 14,701 (- 7.1)

2 2 フィット   (ホンダ) 12,195 ( 9.7)

3 3 ティーダ (日産) 10,947 (--)

4 4 パッソ    (トヨタ) 9,258   (--)

5 6 クラウン (トヨタ) 8,647 ( 86.6)

6 5 ウィッシュ (トヨタ)  8,534   (-27.8)

7 -- アイシス (トヨタ) 7,986 (--)

8 9 ノア    (トヨタ) 7,959 ( 31.6)

9 7 ポルテ (トヨタ) 7,950  (--) 10 10 キューブ  (日産) 7,562 (-28.4)

--共同取材:藤村奈央子:Editor: Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE