コンテンツにスキップする

11月新車販売台数は7.5%増、三菱自29%減-軽全体で3.5%増(3)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1 日発表した11月の登録車(軽自動車を除く新車)販売台数は、前年同月比

7.5%増の33万2822台で、3カ月ぶりの増加となった。リコール隠し問題で販 売が低迷している三菱自動車工業は同29%減の5865台だった。また、三菱ふ そうトラック・バスは43%減の4081台。

11月の市場全体では、乗用車が同10%増の28万6358台。このうち普通乗 用車は同12%増の11万4585台、小型乗用車が同9.6%増の17万1773台。ト ラックは同7.2%減の4万5526台、普通トラックは同18%減の1万4109台、 小型トラックは同1.7%減の3万1417台。バスは同30%減の938台だった。

軽は3.5%増と2カ月ぶり増加

また、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した110月の軽自動車 (排気量660cc以下)販売台数は、前年同月比3.5%増の15万3124台と2カ 月ぶりにプラスとなった。三菱自は36%減の1万1694台と軽自動車でも大き く落ち込んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE