米モルガンS:ラロイア氏を債券・株式資本市場部門トップに起用

米証券大手モルガン・スタンレーは、統 合されたアジアの債券・株式資本市場部門の責任者に、現在アジア太平洋地域 のM&A(企業の合併・吸収)部門のトップを務めるゴークル・ラロイア氏を 起用した。前任のダニエル・パーマー氏は英HSBCホールディングス移籍す るため、辞任している。

同社が24日発表した文書によると、オーストラリアの投資銀行部門を率 いたマット・ハニング氏が香港に異動し、ラロイア氏の後任として日本以外の アジアのM&A部門を統括する。ハニング氏の後任は研究休暇から復帰するリ ック・ボール氏。

モルガン・スタンレーは昨年、米ゴールドマン・サックス・グループやJ Pモルガン・チェースなどの競合する投資銀行と同様、顧客企業からより幅広 い事業の獲得を狙って債券と株式事業を統合した。

ラロイア氏は電話インタビューで、「さまざまな場所でさまざまな株式や 債券、リスク管理関連商品を一カ所で取り扱う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE