フォルクスワーゲンのアウディ部門:北米トップが退職―後任未定

欧州の自動車メーカー最大手、ドイツのフォ ルクスワーゲン(VW)の高級車部門「アウディ」は17日、北米事業のトップを務 めるアクセル・メース氏が退職したと発表した。

同社の発表文によると、後任が決まるまで、一部幹部がアウディの米国とカナ ダ事業を運営する。ミーズ氏は3月1日に北米部門アウディ・オブ・アメリカ担当の 副社長に就任したばかり。

ドイツの経済誌「ヴィルツシャフツボッヒェ」によると、VWのベルント・ピ ッシェツリーダー最高経営責任者(CEO)は、メース氏が前CEOで同社の監督機 関会長であるフェルディナンド・ピエヒ会長に関して発した「無礼なコメント」が原 因で同氏を退任させる意向を示していたという。情報源は明らかにしていない。

アウディ・オブ・アメリカの広報担当者、ダグ・クラーク氏のコメントは得ら れていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE