チューリッヒの7-9月期:31%減益―ハリケーン損害の保険金支払い

スイス最大の保険会社、チューリッヒ・ファ イナンシャル・サービシズが17日発表した第3四半期(7-9月)決算は、米国を 襲ったハリケーンの保険金請求がかさみ、ここ2年間で初の減益となった。

会社発表資料によると、純利益は前年同期比31%減の4億5400万ドル(479 億円)と前年同期の6億5800万ドル(改定)から落ち込んだ。ブルームバーグ・ニュ ースがアナリスト9人を対象にまとめた予想中央値は4億2700万ドルだった。

ミュンヘン再保険が今月8日発表した見積もりによると、8月10日から9月 27日にかけて米本土とカリブ海を直撃したハリケーン被害で損害保険会社が支払う 保険金は総額300億ドルに達する見通し。チューリッヒのハリケーン関連コストは 約4億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE