ブッシュ再選ならエネルギー株に恩恵、ケリー候補勝利ならDS株上昇

米金融機関のアナリストらによると、11 月2日の米大統領選挙で現職のブッシュ米大統領の再選が決まれば、エネルギ ー関連のネイバーズ・インダストリーズや電力のデューク・エナジーなどの株 式が上昇するとみられる。一方、民主党のジョン・ケリー米上院議員が勝利す れば、コールズなどのディスカウントストア(DS)株が恩恵を受けそうだ。

ブッシュ米大統領再選により、同大統領の原油生産・掘削の拡大政策をて こに、ネイバーズなどエネルギー関連株が上昇する見通し。また、昨年の配当 減税が維持されれば、デュークなどの高配当銘柄に対する買い需要も高まると みられる。

ブッシュ大統領再選で恩恵を受ける企業50社と、ケリー候補勝利で利益 を被る企業50社のリストを作成したベアー・スターンズの数量分析ストラテ ジスト、ポール・リーバーマン氏によると、ブッシュ勝利で最も影響を受ける のは、米最大のパイプライン会社エルパソ。一方、ケリー候補勝利に最も敏感 に反応するのはデータ管理ソフトのベリタス・ソフトウエアだという。メリル リンチやUBS、リーマン・ブラザーズも大統領選による株価への影響を分析 している。

ケリー候補は、中産階級の負担緩和と年間20万ドル以上の所得を得てい る富裕層向け増税を目指した政策の一環として、配当減税の見直しを公約して いる。同候補が当選すれば、コールズなどのディスカウント店には追い風とな る一方、コーチやニーマン・マーカス・グループなど高級品小売り企業には痛 手となる。ケリー候補はまた、薬剤費削減を計画していることから、アイバッ クスなどジェネリック(後発医薬品)メーカーも恩恵を受けそうだ。

世論調査では、ブッシュ候補(58)とケリー候補(60)は支持率で五分五 分。両陣営が注力しているオハイオ、ペンシルベニア、フロリダ、ミシガン、 ウィスコンシンの5州では接戦の様相を呈している。

先週は、大統領選挙が近づくなか原油相場が7週間ぶりに下落したのが好 感され、S&P500種株価指数が前週末比で3.1%上昇した。ダウ工業株30 種平均は同2.8%高。両指数が週間ベースで上昇するのは4週ぶり。ナスダッ ク(店頭市場)総合株価指数は同3.1%高。

原題:Nabors, Duke Stock May Rise With Bush Win; Kohl's Tied to Kerry (抜粋)

--共同取材 ワシントン Jeff Bliss 、 Laura Litvan

Editors: Wilson

東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo (81)(3)3201-7499

kshugo@bloomberg.net   Editor:Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Danielle Sessa (1) (212) 318-2301 dsessa@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Melloy (1) (212) 318-2179 jmelloy@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE