コンテンツにスキップする

米グーグル:ウェブ上で投資家向けにIPO要領説明―応札登録も開始

インターネット検索サイト運営の米グーグル は30日、最大で33億ドル規模となる新規株式公開(IPO)に応募する個人投 資家向けに、応札条件などをビデオ映像で説明するウェブサイトを開設した。

また、同日から応札希望者のオンライン登録を開始した。サイトのアドレス は http://www.ipo.google.com.

グーグルが26日に提出した米証券取引委員会(SEC)への届出書によると、 公募・売り出し価格の仮条件レンジは108-135ドル。最大33億ドル規模で、イ ンターネット企業として2000年以来最大のIPOとなる。

ビデオではグーグル共同創設者のラリー・ページ、セルゲイ・ブリン両氏ら が一問一答形式でIPO応募要領について説明。ページ氏は「IPOをもっと盛 り上げるために入札方式を導入した」などと述べた。

同社首脳らは27日に資金運用マネージャーら専門家向け説明会をニューヨー クで開催したが、事前告知はなく、報道陣もシャットアウトしての説明会だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE