コンテンツにスキップする

ドコモ:4-6月純利益13%減、値下げと販売費増-通期予想維持(3)

携帯電話国内首位のNTTドコモが30日発表 した2005年3月期の第1四半期(4-6月)決算は、連結純利益が1704億円と 前年同期比で13%減少した。第3世代携帯電話(3G)「FOMA(フォーマ)」 の販売強化に伴う費用が膨らみ、利益を圧迫した。通期の純利益は期初予想を据 え置いた。

第1四半期の売上高は1兆2211億円と2.5%減少した。「ファミリー割引」 や「パケホーダイ」(データ通信定額制)といった料金値下げが響いて前年実績を 割り込んだ。減収に加えて、新たな顧客を獲得するために販売手数料を積み増し たことで、営業利益は18%減の2766億円に落ち込んだ。

販売手数料は2G携帯電話で3万100円、FOMAはこれに数千円を上乗せ した水準で、前年同期に比べて1000円程度増加したという。6月末の携帯電話契 約者数は4640万7600人とこの3カ月間で48万900人増加した。昨年6月末との 比較での顧客数は204万6600人増加した。

「1加入者当たりの平均月間収入」(ARPU、フォーマと2G合計)は7400 円と前期平均(7890円)に比べて490円低下した。前年同期(8060円)との比較 では660円下がった。

通期予想は据え置き

記者会見した平田正之・副社長は第1四半期決算について「業績予想に占め る比率をみると堅調に推移した」と述べた。通期(2005年3月期)予想に占める 比率をみると純利益は23%、営業利益では33%になった。事前の調査でアナリス ト3人は第1四半期の純利益を1339億-1650億円と予想しており、実績はこれ を上回った。

このため、通期の予想については期初予想を据え置いた。連結純利益予想は 前期比16%増の7510億円。この利益にはAT&Tワイヤレスの株式売却益4800 億円が含まれる。

ドコモ株の終値は、前日比1000円(0.5%)安の19万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE