コンテンツにスキップする

米ヤフー:グーグルにオプション株式付与の拡大求める-SEC文書

インターネット玄関(ポータル)サイト最 大手の米ヤフー(米カリフォルニア州サニーベール)が、ネット検索最大手グ ーグル(カリフォルニア州マウンテンビュー)と2000年に提携した際の契約を めぐる係争で、グーグル株の購入権(オプション)拡大を求めていることが27 日、明らかになった。

ヤフーは当時、自社サイトでグーグルの検索機能を利用者に提供すること で同社と合意、その一環としてグーグルの株式オプションを取得した。グーグ ルは26日、米証券取引委員会(SEC)に届け出た新規株式公開(IPO)の 登録開示のなかで、株式オプション付与の条件をめぐる係争で、和解交渉に入 っていることを明らかにした。

グーグルは来月末までに、IPOを実施するとしている。ヤフーが保有す るグーグル株550万株は、IPOで5億9400万ドル(約660億円)以上に評価 される可能性がある。

グーグルはIPO登録開示のなかで、同社と、ヤフーなどの既存株主が合 計2460万株を売却する計画だとし、公募・売り出しの価格レンジを108ドル- 135ドルとした。グーグルは、オプション付与の条件をめぐる係争の相手を明 らかにしなかった。グーグルの広報担当者、デビッド・クレーン氏は27日、コ メントを拒否した。

ヤフーの広報担当者、ジョアナ・スティーブンス氏は、同社がグーグルの IPO登録開示で言及された株式オプションの保有企業であることを確認した。

27日のニューヨーク株式市場で、ナスダック(店頭市場)公開のヤフーの 株価は上昇。現地時間午後2時9分現在、前日比1ドル66セント(5.9%)高 の29ドル87セント。前日までは、年初来25%の値上がりだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE