コンテンツにスキップする

米グーグル幹部を民事提訴か-スマートフォース社の決算修正でSEC

米インターネット検索最大手グーグルの法 律顧問デービッド・ドラモンド氏は、かつて最高財務責任者(CFO)を務め ていた研修用ソフトウエアメーカー、米スマートフォースの売上高過剰申告を めぐって米証券取引委員会(SEC)から民事提訴される可能性がある。

グーグルが29日SECに提出した新規株式公開(IPO)に関する届け出 の中で明らかにしたもので、グーグルはスマートフォースの売上高過剰申告に は関与していない。

スマートフォースは2002年に、過去3年にさかのぼって決算を修正すると 発表した。SEC担当者はドラモンド氏を詐欺などの証券法違反で提訴するよ うSECに勧告しているという。ドラモンド氏は提訴理由などを明示するよう SECに要求する意向。

グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は電子メール で、ドラモンド氏の「潔白とグーグル幹部としての能力に絶対の信頼を置いて いる」とコメントした。また、「この問題がグーグルやIPO、ドラモンド氏の 職務に影響するとは考えていない」と述べた。

ドラモンド氏周辺のコメントは得られていない。SECの広報担当者はコ メントを控えた。

--共同取材:Robert Schmidt

Editors Mirabella, Giles, Thompson

akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: シカゴ John Stebbins (1) (312) 692-3724 stebbins@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

Greg Baumann (1) (323) 782-4221 gbaumann@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE