コンテンツにスキップする

【注目株】石油株:OPEC、生産枠拡大は予定通り―臨時総会は中止

東燃ゼネラル石油、新日本石油など国内石油各社の 株価動向に注目が集まりそうだ。石油輸出国機構(OPEC)の広報担当者、オマー ル・ファルーク・イブラヒム氏は15日、OPECが8月からの生産枠拡大を計画通り履 行すると述べた。また、OPECが7月21日に予定していた臨時総会の開催を中止した ことを明らかにした。

OPECは6月3日にレバノンのベイルートで開いた前回の臨時総会で、生産枠を 8月から日量50万バレルほど引き上げ、同2600万バレルとすることで合意していた。 ただ、前回総会後に原油先物価格が一時下落して推移していたため、OPEC加盟国の 一部では、8月からの増産計画を見直すべきとの声も出ていた。

フィッチの石油産業アナリスト、ブライアン・キャビネス氏は、OPEC増産につ いて、「この数カ月で積み上がってきた米国の在庫を、一段と押し上げることになる」 と指摘した。

NYMEXの原油先物(期近8月限)終値は前日比20セント(0.5%)安の40ドル 77セント。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE