コンテンツにスキップする

ユーズBMが大幅高、カラオケでのシェア拡大期待-UFJ証が高評価

カラオケ装置や音楽ソフト販売などを手がけ るユーズ・ビーエムビー(BMB)・エンタテイメントの株価が大幅高。一時は 前日比15%高の579円まで上昇した。午前のジャスダック市場上昇率ランキン グでは4位。カラオケ新商品の「UGA」が収益に貢献できるとみられているほ か、カラオケ業界での勝ち残り企業としてシェアを拡大できるとの期待が広がっ た。

UFJつばさ証券の曽根基春シニアアナリストは8日、同社株の投資判断を 「Aプラス(強い買い推奨)」として新たにカバーを開始した。曽根氏は投資家 向けリポートで、カラオケ機器の設置台数では2位、シェアが約3割だと指摘。 業界トップは第一興商している。

曽根氏は5カ月の変則決算となる2004年8月期の連結決算について、売上 高188億円、営業利益16億5000万円と予想。来期以降の連結営業利益を05年 8月期が50億円、06年8月期が60億円と試算している。「新商品販売による 増収効果が期待できるうえ、人員削減効果や連結調整勘定や営業権の償却負担に より大幅増益になる」としている。

目標株価は650円。06年8月期の予想1株利益(EPS)41円に対して株 価収益率(PER)16倍まで評価できるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE