コンテンツにスキップする

中国:「スパイダーマン2」など外国映画の上映禁止-7月いっぱい

中国の映画館では、ソニー子会社制作の「ス パイダーマン2」などの新作外国映画が1カ月間にわたり上映禁止となった。ハ リウッドの超大作映画に押されて影の薄い中国映画を支援するための措置。

今回の措置は、13億人に上る世界最大の人口を持つ中国市場で事業拡大を 目指すソニーやウォルト・ディズニー、タイム・ワーナーなどの外国映画会社に 打撃を与えることになりそうだ。

ブッシュ政権は貿易赤字削減につなげるため、米国映画の普及を推進してい る。米通商代表部(USTR)のジョゼット・シャイナ次席代表は5月後半に北 京で行った中国当局者との3日間の会談の席上、上映差し止め措置の撤回を要請 していた。米国映画協会は、上映禁止により海賊版DVD(デジタル多用途ディ スク)の流通が増えると指摘している。

7月は中国の学校の夏休み期間に当たり、上海や中国などの都市部では暑 さを避けるためにエアコンの効いた映画館に足を運ぶ人も多く、来場者数はピー クを迎える。

--共同取材 ロサンゼルス Alex Armitage. Editors:Chan

kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: 上海 Matthew Brooker (86-21) 5037-2375 mbrooker1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 香港 Sue Hill (852) 2977 6601

shill6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE