米カーライルとプロビデンス、パンナムサットに27%ずつ出資へ

米投資会社のカーライル・グループとプロ ビデンス・エクイティ・パートナーズは、米通信衛星会社のパンナムサットに それぞれ27%ずつ出資することが29日までに米証券取引委員会(SEC)へ の届け出で明らかになった。出資額は約9億5300万ドル(約1000億円)で、 両社合計で19億ドルに上る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。