スタトイル:イラン事業工作で約3.17億円の罰金-ノルウェー警察

【記者:Beate Evensen】

6月29日(ブルームバーグ):ノルウェー最大の石油会社スタトイルがイラ ンでの事業獲得に向けたコンサルタント雇用に絡み、2000万クローネ(約3億 1670万円)の罰金支払いを命じられた。同国の警察当局が29日に発表した。

同国のラーシュ・ストルテンベルグ検察官がオスロで記者会見した内容によ ると、スタトイルがイランのホートン・インベストメントにコンサルティング業 務を1500万ドル(約16億3000万円)で契約したのは、ノルウェーの法律で贈 賄にあたる。ホートン・インベストメントはイランの前大統領の息子であるメへ ディ・ハシェミ・ラフサンジャニ氏と関連がある。

警察当局はさらに、同コンサルティング契約締結時にスタトイルの国際部門 責任者を務め、すでに辞職したリチャード・フバード氏に20万クローネの罰金 支払いが命じられたことも明らかにした。スタトイルは発表文で、同決定につい て考査中としている。

当局によれば、フバード氏とスタトイルは、同社の監査役が昨年の半ばにホ ートン・インベストメントとのコンサルタント契約が違法ではないかとの懸念を 示した時点で、同契約を終了するべきだったとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE