コンテンツにスキップする

総会集中日:全国1680社開催-三菱自など株主から厳しい意見も(2)

企業経営者と株主が直接、顔を合わせる年1 回の場である株主総会が29日、開催の集中日を迎えている。警察庁によると全国 で約1680社の企業がいっせいに総会の開催を予定している。個人投資家や機関投 資家が総会で「物言う」傾向が強まっており、こうした投資家の声に企業も影響 を受け始めている。この日は三菱自動車、カネボウ、近畿日本鉄道などをはじめ とする企業の総会が全国で開かれている。

リコール(無料の回収・修理)隠しが相次ぎ発覚した三菱自動車は、港区の 本社ビルで午前10時から総会を開催した。株主に不祥事を陳謝した岡﨑洋一郎会 長は「コンプライアンス(法令順守)、顧客、安全を第一としている自動車会社に 生まれ変わりたい。もう一度チャンスをいただきたい」と強調、再生に向けての 決意を株主に表明した。

株主からは、首脳陣は全財産と全生命をかけて経営にあたってもらいたいな ど厳しい意見が示された。総会では総額5460億円の増資を骨格とした新再建計画 などが承認された。すでに発表済みの現預金の取り崩しなどによる5500億円を加 えると、事業再生原資は1兆960億円の規模となる。

カネボウ、武富士、近畿日本鉄道

産業再生機構の支援を受けて再建を目指し、化粧品事業を切り離したカネボ ウもこの日、総会を開催した。中嶋章義社長は「過去を断ち切り、難題を一つ一 つ打ち破って前進し、企業価値を上げることで株主に報いたい」と述べ、経営再 建への意欲をみせた。株主からは再建計画に伴う減資など財務リストラに質問が 集中、中嶋社長らはこれらについて株主に理解を求めた。

創業者の武井保雄元会長が電気通信事業法違反(電話盗聴)で逮捕された武 富士も株主総会を開催した。会場では清川昭社長が株主に対して一連の不祥事に ついて陳謝した。また、この場で白倉政善取締役が創業者一族が持ち株比率(4 月末で約67%)を約59%までに減らしたことを明かした。

元会長らによる盗聴事件への関与で、創業者の持ち株を大幅に減らさないと 「貸金業登録」が取り消されるおそれがあり、これに対応している。

傘下のプロ野球球団、大阪近鉄バッファローズが経営不振からオリックス・ ブルーウェーブと合併することで基本合意している近畿日本鉄道も、本社がある 大阪市内のホテルで株主総会を開催した。出席者は2053人と過去最高(去年は 1484人)に達し、株主の興味の強さをうかがわせた。読売新聞(電子版)による と、合併相手の前身の親会社が阪急であることから、「宿敵との統合とは何ごと」 という意見も飛び出した。オリックスはすでに23日に株主総会を終えている。

松下電産、パイオニア

松下電器産業も大阪の本社で株主総会を開催した。会場では株主から「業績 が改善しているにもかかわらず、株価がなかなか2000円にならないのはなぜか」、 「好決算が株価に反映されていない原因をどう考えるか」といった株価について の質問が出た。

これに対して中村邦夫社長は「現在の株価について、とても満足できる状態 とは思っていない」と述べ、株価を上げるために収益力を向上させることを強調 した。また「配当政策も見直したいと考えている」と語り、増配も検討している ことを示唆した。

パイオニアも定時株主総会を開催した。伊藤周男社長は株価の適正水準を株 主に問われ「個人的にはもっと高くしたい」と述べ、業績改善が必要との認識を 示した。具体的な目標株価については、市場が決めることだと述べるにとどめた。

この日はほかに大林組、清水建設、花王、三共、武田薬品工業、フジテレビ ジョン、三菱電機、ファナック、任天堂、三菱東京フィナンシャル・グループ、 三井住友フィナンシャルグループ、ミレアホールディングス、三井不動産、三菱 地所、NTT、東京ガスなどが全国で総会を開催する。

--共同取材 鈴木恭子、稲留正英、桑子かつ代 Editor :Murotani

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE