CSFB:米SECなどから召喚状、投信めぐる調査の一環-届出書

スイスの銀行2位クレディ・スイス・グル ープの証券部門クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)は、不 適切な取引をめぐる投信業界の調査の一環として、米規制当局から召喚状およ び情報提供要請を受けた。米証券取引委員会(SEC)への届出書から28日ま でに分かった。

CSFBは、米ニューヨーク州のエリオット・スピッツァー司法長官やS ECから要請を受けた。同社は3月末時点で3244億ドル(約35兆円)の資産 を運用していた。

届出書によると、要請は「投信会社とその顧客をめぐる業界全体の調査」 の一環。同社は「全面的に協力している」と述べている。広報担当のビクトリ ア・ハーモン氏はコメントを控えた。

米シティグループやベアー・スターンズなども先に召喚状を受けており、 違法な事後取引を一部顧客に許したブローカーを解雇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE