5月の国内自動車生産3.9%減、4カ月ぶりマイナス-トラック減(2)

日本自動車工業会(自工会)が28日まとめ た5月の国内自動車生産台数は、前年同月比3.9%減の75万5746台となった。 前年比でのマイナスは4カ月ぶり。乗用車の生産が減少に転じたうえ、トラック 生産もマイナスに転じた。バスの生産はプラスが続いている。

乗用車生産は前年比3.9%減の62万2517台だった。4カ月ぶりのマイナス になる。うち普通車と軽自動車は増加したが、小型車が18%減と大きく落ち込 み全体を引っ張った。小型車は生産メーカー8社すべてが台数を減らした。

トラックの生産は4.3%減の12万8689台。17カ月ぶりのマイナスになる。 バスの生産は8.9%増の4540台と3カ月連続のプラスになった。

自工会が同時に発表した5月の自動車輸出台数は同12%増の37万8488台 で、3カ月連続の増加となった。

-- Editors:Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE