新日石:サハリン2から初めて原油輸入-73万バレル、ガソリン向け

新日本石油はこのほど、ロシアのサハリンの 天然ガス開発事業「サハリン2」から商業ベースで初めて原油を購入した。同社の 広報部担当者が25日、語った。

新日石は73万バレルの原油をスポット購入(当用買い)し、24日から水島製 油所(岡山県倉敷市)で精製を開始した。同社は西アフリカやロシアといった中東 以外の地域から原油を購入するなど調達先を拡大している。新日石は原油価格や運 賃、原油の成分などを考慮し、購入を決めたという。原油は夏場に需要が増えるガ ソリンに精製する。

サハリン2事業はロイヤル・ダッチ・シェルや三井物産、三菱商事などが参画 し、1999年に原油生産を開始。日本の企業では、東京電力、東京ガスが購入を決め ている。九州電力は購入時期を1年前倒しして2009年度から調達すると発表して いる。

新日石のサハリン原油購入については、日本経済新聞が25日報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE