コンテンツにスキップする

ソフトバンク:年内で30社の子会社上場を計画-イー・トレード証など

ADSL(非対称デジタル加入者線)通信事業国 内2位、ソフトバンクの孫正義社長は24日、子会社をはじめとするグループ企業30 社の株式を今年中に公開させることを明らかにした。主力事業の1つであるファイナ ンス事業を強化する一環で、新規上場企業にはインターネット証券大手のイー・トレ ード証券も含まれる。

この日の株主総会後の経営説明会で孫社長は「12月までに30社の株式公開をし ていく」と述べた。さらに来年以降についてもこうした子会社公開のペースが「少な くとも5-6年は続いていく」と強調、グループ会社の株式新規公開を積極化する方 針を示した。

新規公開企業の目玉の1社であるイー・トレード証も「年内に株式を上場する」 (北尾吉孝・ソフトバンク取締役)。北尾取締役はソフトバンク子会社ソフトバンク・ インベストメントの代表取締役CEO。イー・トレード証は現在ソフインベが75%、 同社が運営するファンドが25%を出資している。

ADSL事業「ヤフーBB」を手掛けるとともに投資会社としての側面を持つソ フトバンクは、出資企業が上場するなどで保有する株式の含み益が現在1兆8800億 円程度ある。

ソフトバンク株は前日比320円(7.3%)高の4700円(午後2時33分)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE