米タイム・ワーナー:携帯電話サービス提供で他社と提携も-会長

メディア最大手、米タイム・ワーナーの メディア・コミュニケーション部門のドン・ローガン会長は、ケーブルテレ ビ加入者に携帯電話サービスを提供するため、他社と提携する可能性がある ことを明らかにした。ローガン会長は、シカゴで開催されている業界関係者 会議「スーパーコム2004コンファレンス」で、語った。

ローガン会長は、「携帯電話サービスというのは、われわれが必要とし ている要素の一つだ」と語り、「今年を通じて、この分野に注力していくこ とになると思う。おそらくは他の1、2社との協力していくことになろう」 と話した。同氏は、具体的な社名に言及するのを避けた。現在は、特定の企 業と正式な交渉を持っていないという。

ケーブル会社は、電話とケーブルテレビ、インターネットサービスを総 括的に取り扱うサービスを提供することで、加入者の取り組みを狙っている。 タイム・ワーナーのケーブル部門は昨年、一部市場で、デジタル電話サービ スを開始した。

ニューヨーク州で最大のケーブルテレビ、ケーブルビジョン・システム ズは21日、テレビと電話、インターネット接続を合わせた総合サービスを料 金月間90ドルで開始した。

23日のニューヨーク市場でタイム・ワーナー株は小動きに推移、前日比 01セント高の17.35ドルで終わった。

--共同取材 Chitra Somayaj Editors: Mirabella.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE